Skip to content

海外留学に必要な保険サービスやコストを比較

海外留学で保険加入は必須です。日本は健康保険がかなり充実していますし、保険が使えなかった場合でも使った場合のおおよその3.3倍程度の金額だと予想することができます。しかし海外では日本の制度は当然使えませんし、医療費自体がかなり高額であるケースがほとんどです。保険に入っていなかったばっかりに思うように受診できずに状況が悪化したり、手痛い出費で苦労したという話はよく聞くものです。だからこそ加入の必要性が浸透しました。しかし自分の状況にマッチしたものに加入しているのかというと、必ずしもそうとはいえません。それだけ商品の内容をチェックして加入したわけではない人も多いのです。サービスやコストなど、自分が一番必要と考える最優先項目で検討して決定しましょう。

海外留学時のリスクは増加している

海外留学は年々増加傾向にあります。留学先の選択肢も増え、全体的に費用も抑えることができるようになってきたというのが背景にはあります。物価が全体的に低い国への留学であれば、それだけ全体的な費用が抑えられますし、物価にかかわりなく、留学へのインフラが整えば費用は下げるものです。そうなると気軽に何度も留学することが可能になりますし、一度の渡航で長期的に滞在することもできます。となれば病気やけがのリスクは増加します。短期間の旅行程度でも、ケガや病気をしてしまうことがあるのですから、期間が長くなればそれだけリスクが上がるのは当たり前です。まずは加入プランを比較するときには、自分の留学期間と保証期間がマッチしているかをしっかり検討しましょう。その中でさらに延長しやすさや支払いやすさ、母国語でのサービスの充実しかし長期になるとなどの比較も必要です。

長期か短期かで抱えるリスクも変わる

短期でも長期でも、環境が変わることで病気になってしまうリスクは国内にいるときよりも高まってしまうものです。もちろん長期になればなるほどリスクは大きくなりますが、短いから極端に低いということでもありません。ケガについても同様です。しかし明らかに長期になると抱えてしまうリスクは歯科の分野でしょう。出発前に一応の準備として歯科に受診しておくなど、気を付ける人も増えています。しかし長期になると食生活を含む環境の変化で、歯科分野でのウイークポイントが生まれてしまう可能性があります。多くの商品は歯科受診は保障しないようになっていますが、中には歯科受診もカバー範囲に含まれているものがありますし、プランにオプションとして付帯できる商品もあります。状況によっては比較項目に「歯科への対応」を加えることも必要です。